東京大学大学院総合文化研究科 進化認知科学研究センター

 進化認知科学研究センターは「人間とは何か」という根源的な問いを学際融合的に進展させるために2008年度に東京大学大学院総合文化研究科内に発足しました。認知科学・言語学・脳科学の分野の研究室が参加し、共時的なそれぞれの研究分野を進化学という通時的な視点から統合することを目指す、世界的にも独自性の高い研究組織です。センターには、マウスやラット、小鳥から、乳児・成人に至まで、ヒトと動物の認知過程を分子から脳、行動とさまざまなレベルで研究するための施設が整っており、最先端の融合的研究が可能です。  当センターはまたWISHプロジェクトの実施機関に指定されており、同事業の一環として最新モデルのMRI装置を2014年度に駒場キャンパスに導入しました。MRI装置の利用を学内外の研究者に開放し、ヒトを対象とした脳機能計測研究を支援することで、WISHプロジェクトが目指す心の先端研究を推進しています。  教育面ではこれらの施設を活用し、教養学部後期課程の科目として進化認知脳科学融合プログラムを提供しています。最先端の研究機器や研究実践に触れる機会を学生に与えることで、最先端の研究と融合した形で教育を行っています。 MRI装置の利用手続きと利用料金については以下をご覧下さい。
 HP: http://ecs.c.u-tokyo.ac.jp/MRI/MRI.html  E-Mail: mri_officee<at>cs.c.u-tokyo.ac.jp(MRI運営委員会事務室)